うっかり死なないようにするだけ。

夫(私)が鬱でアスペルガー。妻は躁鬱。でも何とかなってるような気がしなくもない日々。

五輪サッカー日本代表 勝って落ちた。

欧州首位通過のスウェーデン相手に

勝ち点3をもぎ取るも

1勝1分1敗の3位で終了。

 

守備的に入ると思われた手倉森ジャパンは

結局グループ最多得点最多失点の殴り合いになってた。

でもこのGLでこの成績は決して悪くないと思う。

欧州王者 アフリカ王者 南米二位 との組み合わせは

3敗で帰ってきてもおかしくない組み合わせだった。

(日本もアジア王者の立場だけれど)

 

内容も、攻撃面は決定力以外素晴らしかった。

藤春のOGが無ければと今更悔いても仕方ないけれど

もうちょっとこのチームを見たかったなぁというのが正直な感想。

 

ただ今の海外組がほとんど北京・ロンドン経由であることを考えると

今回のブラジル経由で上に上がる選手が出てきても不思議はないし

当然A代表になる選手も出てくると思う。

 

個人的にU23世代から上(A代表)に上がれそうだと感じた選手は

すでにA代表招集・出場経験がある選手も含めると

遠藤 植田 大島 南野 浅野

特に植田は、日本のCB事情を考えると一気に上がってくる可能性もなくはない。

吉田の相方が必要なのか、吉田の代役が必要なのかわからないけれど

CBの人材難は深刻すぎる問題。

ほかには

中村 室谷 井手口も期待が持てる気がしたし

出てないけれど久保や岩波も今後A代表で戦える可能性のある選手だと思う。

 

今大会はブラジルということもあって

朝からサッカー観戦という状態だったけれども

最速で7時からとそれほど早朝でなかったこともあり

何とか3試合全て見ることができた。

ここ2か月ほど眠剤が出てないのが功を奏したかな。