うっかり死なないようにするだけ。

夫(私)が鬱でアスペルガー。妻は躁鬱。でも何とかなってるような気がしなくもない日々。

中村屋インドカリー ビーフスパイシー

家の食料が底を付きかけていたため

妻が買い物へ。

長女が熱があっても食べやすそうな離乳食(ベビーフード)も購入。

 

長男は熱が下がり、元気すぎるぐらい元気に復活。

むしろ元気になりすぎ(・∀・)

 

しかし長女の熱は上昇を続け

夜には39.3℃にまで上がり

アセトアミノフェンを使いました。

お陰で38.0℃まで落ちています。

 

こんな状況なので

夕飯は各自適当に。

妻と子供はコンビニ弁当。

病み上がりにそんなもんでごめん長男……と思いつつ

本人は大喜びしてるから複雑な心境。

コンビニ弁当は滅多に食べないからね。

 

 

私は、レトルトカレー

365日カレーを食べられるタイプの人間です。はい。

 

 

正面

f:id:mohumohux:20170118215042j:plain

 

Amazonのレビューで指摘されていたけど

インド(ヒンドゥー教78%国家の)カリー

ビーフ(聖牛←崇拝の対象)スパイシー

 

「真空調理ビーフでより味わい豊かに」

 

堂々と崇拝の対象を調理しちゃってますが 

この辺はあまり深く考えない方が良さそう。

 

 

裏面

f:id:mohumohux:20170118215056j:plain

 

商品名や説明では徹底してカリーと書いてあるのに

名称、原材料ではカレーになってる辺りに哀愁を感じる。

 

 

中袋

f:id:mohumohux:20170118215107j:plain

 

何かパンの袋止めるやつ(凹←こんなの)が写ってる。。。

 

 

お湯に投入。

f:id:mohumohux:20170118215128j:plain

 

 

私はレンジより湯煎の方が好きです。

鍋が不必要にデカいのは、加湿のためにお湯を沸かしていたから。

丁度良かった。

 

 

たった7分で完成。

f:id:mohumohux:20170118215147j:plain

 

 

個人的に中村屋は裏切らないと信じています。

いつも100円以下のカレーばっかり食べてて

滅多に手を出さないんだけどね。

 

インドカレーと銘打ったレトルト食品の中には

インド色というか、バター等の癖が強すぎて

日本の米で食うべきものか怪しく感じるものが時々ありますが

この中村屋インドカリーは

日本の米と相性抜群で、ド安定の間違いない味。

逆にこれをインドカレーと言われたらインドの人は困るだろう。色んな意味で。

 

食べてる最中はそれほど辛く感じないけれど

食べ終えるとそれなりに辛いものを食べた感じはする。それなりに。

決して激辛ではない。

ちょい辛ぐらい。

 

入ってる肉は美味いけど、具の量には期待しない方が良い感じ。

 

五つ星評価なら☆4って感じでしょうか。