mohumohux

病気や子育てについて書くつもりが、趣味の話が増えてしまった雑多ブログ。

オーディオ

私がすぐにmojoを手放した理由

言わずと知れたchordのポータブルアンプ「mojo」。発売直後は値段に対する(写真で見る)デザインに「何だこの玩具は」とか思っていましたが、価格を超える高音質で瞬く間に浸透。あっという間に「定番」となったポータブルアンプです。今では価格も落ち着き…

TFZ QUEEN【着弾レビュー 音質】

ここから音質レビューになります。 エージングは100時間近く行っています。 前回の開梱編はこちら mohumohux.hateblo.jp

TFZ QUEEN【着弾レビュー 開梱】

TFZの新製品、「QUEEN」が届きました。 今回も結論から書きますが、低域が強めでちょっとダークな雰囲気すら漂う「珍しいタイプのイヤホン」だと思います。

【Vintage VS-4】定価70000円イヤホンに手を出してみた。

CTM社の【Vintage VS-4】 今回は開封の儀を省いて内容だけレビューしたいと思います。

【TFZ SERIES2】レビュー。落ち着いて考えてもU5000ベストバイだった。

先々月の話になりますが、TFZのSERIES2を購入しました。 KZ ES4のレビューと同じく結論から先に書きますと、ボーカルものを楽しむならばU5000のベストバイ確定の出来と言っても過言ではありません。

KZ ES4をレビュー。U3000の盟主になれるか?

プレセールで購入したKZ ES4が届いたのでレビューします。 結論から書くと、国内価格を考えても中々の音を出していて、ボーカルが非常に近く魅力的なイヤホンでした。

【ZS10レビュー】KZとは思えない上品で大人しい音

ようやくZS10が届いたのでレビューします。 まず最初に……赤格好いい!(・∀・)

※恥ずかしくて外で使えないレベル。 見た目無視、1円でZSTを改良する方法。

前回の記事終わりに書いたZSTの改良方法です。 先に書いておきますが、見た目は全力で犠牲になるというか、少なくとも私は恥ずかしくて外で使おうとは思えないので、その前提でお願いいたします。 あと改造は自己責任です。 難しいことはないのでサクッと書…

KZ ZST 無印vsPro(2世代目?)新旧対決

PROになる前のZSTを持っていて、かなり満足していたのですが。 どうもKZがバージョンアップ(?)を繰り返した結果 DDが勾玉型から多孔型に変更 BAもBellsing 30095からKZ 30095に変更 になったそうで……。 それ筐体以外全部違うじゃん!

Axon9【無印】と【Pro】の2バリエーションで発売される模様

ZTE社がAxon9、そしてAxon9 Proを商標登録しました。 これまでもminiと無印の2バリエーション展開でしたが、今回はminiが無印、無印がProという扱いになるのかもしれません。 たなみにこのタイトル画像、ほぼ同時に発表された【Iceberg】という別機種の画像…

【1000円未満】アルミ被覆の高純度無酸素銅3.5mmステレオミニケーブル

iVANKYというメーカーのオーディオケーブルが良さそうだったので買ってみました。 というのも、例の上海問屋DN-914311がジャックが狭すぎて、自作のベルデンケーブルだと微妙に干渉してしまい、どうも接触が不安定なんです。このまま使っても良いことはない…

上海問屋ヘッドホン(ベリリウム)が妖怪コスパで笑うしかない

久しぶりにヘッドホンの話題です。 イヤホン界隈はKZの快進撃があり、お金のない中でもZST、ZS5、ZSR、ES3と次々につまみ食いしていますが(きっと今月中にZS10も届くでしょう…)、ヘッドホンは筐体やドライバが大きいこともあってか格安で手に入る高音質モ…

【KZ ZS10】4BA+1DDイヤホンが3000円で購入可能

高コスパ中華イヤホンの代表格、KZの最新作が発売されました。 4BA+1DDの構成でありながら、今なら特定条件を満たすことで3000円で購入可能です!

Axon9の画像リークか? 現時点での予想スペック

ZTEの次期フラッグシップモデル、Axon9と思わしき画像がリークしました。 このリーク画像からわかることを記事にまとめます。

AXON7の後継機は【AXON9】に決定! 現時点の情報まとめ

久々にスマホ関連で食指の動くニュースです。 私も愛用しているZTE Axon7ですが、発売が2016年ということもあって 『時期モデルに当たるAxon8はいつ出るのか』 という話題は多くあり、私も時々検索していたのですが……。意外な展開を迎えました。

K701 購入&レビュー

今更ながらAKGのK701を購入しました。 けいおんがブームの頃に『澪ホン』と呼ばれたあれです。 もう語られ過ぎているぐらい語られた機種ですが、しかし前評判と実際に聴いてみるのとではまるで違いましたので、折角だから記事にしたいと思います。 とりあえ…

Philips Fidelio NC1

Philipsの Fidelio NC1 を購入したので、音質レビュー。 折角のノイズキャンセリング機能付きなので、ノイズキャンセリング『オン』でのレビューです。 外箱はWS1100と比べてかなりコンパクト。 スペックシート的な 持ち運び用のポーチ(ハード) 右上に航空…

AXON7、購入。音質だけレビュー。

国内で販売される中華スマホ(技適あり)の中でも、ちょっと特殊なポジションを確立しているZTEのAxon7という機種を購入しました。

Amazonプライムday① KZ ZST(中華イヤホン) 開封から音質まで

先日のamazonプライムデイで色々買い物をしたので、その中から幾つかを紹介していきたいと思います。 まずは、 中華イヤホン KZ ZST はい。やらかしました。LZ-A4で十二分に満足してるのに新たな、それもプライムデイとは言え税込み2,080円という低価格帯へ…

中華イヤホン『LZ-A4』に1000円のケーブルを繋げてみた。

この記事でも書いたことですが mohumohux.hateblo.jp LZ-A4の純正ケーブルが本体イヤホンとかなり相性が良いようで、素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれています。 SE535のケーブルに変えるとやっぱり少し違和感。明瞭さが失われてモコモコした印象。 …

LZ-A4という中華イヤホン② 音質レビュー

まず前提として、LZ-A4には背面3種類、前面(ステム側)6種類のフィルターが付属し、組み合わせの結果、計18種類の音質をもつことになります。 私は今のところ付属のコンプライもどきで背面黒+前面青のフィルター(到着時点と同じ組み合わせ、以下標準)で聴…

LZ-A4という中華イヤホン① 開封の儀

長いので、二回に分けます。 写真の撮り方とかド下手なので、ご了承ください。 最近ちょこちょこと良い話が出回っている中華イヤホン、【LZ-A4】。いくつかのブログで絶賛、もしくは好印象と書かれていて、海外での評価も調べた限りでは(読み間違えていなけ…

2016年買ってよかったもの(2-2) ヘッドホン WS1100

まず箱。 うん。そうだね。段ボール箱だね。 さあ突っ込むがいい(略) 箱。 SOLID BASSのフラッグシップだけに中々悪くない。 ただ、届いた時点でこんな感じになってました。 これは多分、家電量販店でたっぷり試聴させて貰ったくせに安値に釣られてネット…

2016年買ってよかったもの(2-1) ヘッドホン

私は元々、自他共に認めるほどのオーディオ好きでして。 同じ音源でも音響機器を変えるだけで全く違う音楽表現(再現)となるため オーディオ機器を買うという行為は 全ての音源をもう一度聞きなおす最高の機会になり得るわけです。 そこで新たな魅力を発見…